ブログ-通訳・同時通訳機材レンタル・翻訳・中華圏マーケティング-子燕国際文化センター

ブログ

2024.6.27

同時通訳機材レンタルサービスについて

通訳者・通訳機器・会場手配までワンストップ

通訳者や同時通訳機材のレンタルはもちろん、会場手配、司会、運営サポート、映像収録、字幕制作など、通訳現場のあらゆるニーズにワンストップでお応えしています。

国際会議でも広く使用されている、BOSCH社製赤外線レシーバーをはじめ、通訳システムやブース等、会場規模や人数などに合わせてご提案し、スムーズな会議・イベントの進行をサポートいたします。

  • 会場規模や人数、レイアウト等に応じて適切な機材をカスタマイズ。
  • 累計2,000以上の通訳実績。綿密な事前打ち合わせ、下見等も丁寧に行います。
  • 機材の設営・撤去、オペレーション等、経験豊かなエンジニアが対応するので安心。
  • 全国どこでも対応いたします。

赤外線デジタル同時通訳システム

国内外で広く使用されているBOSCH社製フルデジタルの同時通訳システムです。フルデジタルレシーバーは、照明などによるノイズに強く、クリアな音質を実現します。赤外線は壁を通過せず、情報漏洩を防ぎ、機密性保持に優れています。

同時通訳機材

お見積り例

東京都内会場・レシーバー50台の場合の一例

機材項目台数単価小計
受信機50台 660円   33,000円
赤外線発光パネル1セット22,000円   22,000円
セントラルコントロールユニット1台16,500円   16,500円
赤外線送信機1台11,000円   11,000円
通訳者ユニット2台11,000円   22,000円
通訳ブース1台22,000円   22,000円
オーディオエキスパンダー1台30,000円   33,000円
機材運搬費1台55,000円   55,000円
エンジニア2名44,000円   88,000円
合計  3,025,000円
金額は全て税込みです。ご利用時間、内容、会場の状況などにより、お見積りは異なります。

オプションサービス

子燕国際文化センターでは、国際会議、講演・セミナー、シンポジウム、イベントなどの企画、会場手配、運営サポート、通訳者手配、資料作成、音声録音・映像制作、音声起こし、字幕制作なども承っております。

よくある質問

機材だけのレンタルは可能ですか?

はい。機材のレンタルのみも承っております。いつでも、お気軽にお問合せください。

機材の設定時間を教えてください。

事前に会場へ担当者がお伺いし、スペース、機材の設置場所や電源、会場設備、機材の搬入出経路等を確認します。実際の設定には当日2~3時間かかります。

何日前までに申し込みが必要ですか?

会場の規模や参加者の人数、通訳者の数、会場のレイアウトなどに合わせて、機材のカスタマイズをする必要があるため、遅くとも2週間前までにはご連絡いただくとスムーズです。それ以降であっても、可能な場合がありますので、まずはご相談ください。

関東以外でも対応できますか?

全国で対応しております。お気軽にお問合せください。

キャンセル費用について教えてください

原則、3営業日前までは50%、それ以降は100%のキャンセル料が発生します。通訳者の手配のみの場合のキャンセルポリシーと異なりますので、ご注意ください。通訳者の手配のみのキャンセルポリシーはこちらのページでご確認ください。

お見積りはどのように決まりますか?

イベント・会場規模、参加者の人数、通訳者の数などに応じて、料金・納期・価格などをお見積りいたします。

機材の内容や料金など、詳細についてのお問合せ

通訳機器レンタル受付 03-6555-3548

LINE公式お問い合わせフォーム

この記事をSNSでシェア!